目の下のたるみ、くま除去手術検索の【美ナビ】TOP > 特集 > 従来の目の下たるみ除去手術法

特集!従来目の下たるみ除去手術法とは

ここでは現在でも行われている、信頼度も高く、傷が目立ちにくい手術方法をいくつかご説明して行きたいと思います。

・ハムラ法
下まつ毛近くを切開し、眼窩脂肪を除去していく手術方法です。
下まつ毛付近を切開するため、傷跡が目立ちにくく、たるみもクマも同時に解消してくれる手術方法の1つです。

・経結膜脱脂法
メスで切らない手術方法の1つ。
瞼の裏をレーザーで切開し、内側から余分な脂肪を吸引していく。
メスで切らないためダウンタイムが短く、また目の内側から脂肪吸引するため手術跡が全く残らず、術後直ぐに仕事もできます。

・脱脂リポ法
基本的には経結膜脱脂法と同じ内容の手術方式です。
ですが、経結膜脱脂法との決定的な違いは吸引した余分な脂肪を不足している箇所に注入するかどうかにあります。
脱脂リポ法では、吸引した脂肪を脂肪が不足している箇所に注入することによって、より自然な目元に近づけてくれる手術方法になります。

・脱脂ダブルリポ法
ほとんど脱脂リポ法と同じ手術方法になります。
ですが、脱脂リポ法とは異なる。脱脂ダブルリポ法の大きな特徴しては、吸引した余分な目の下のたるみ以外にも、太もも付近から脂肪を吸引し目の下の凹んでいる箇所に注入するといったものです。

これら以外にも様々な方法が存在します
。 数ある手術方法の中から自分にピッタリな手術方法をにつけることが失敗しない手術への近道になります

  • お問い合わせはこちら
  • 口コミ・レビューの投稿はこちら
  • 美ナビに登録を希望される医療関係者はこちら

おすすめクリニック

銀座みゆき通り美容外科

目の下のクマ治療、症例数NO.1!銀座みゆき通り美容外科は目の下のクマ治療だけで、3000人を超える方のお悩みを解決!院長の水谷先生は、日本美容外科学会の歴代会長でもあり、その技術力は美容外科業界で知らない者はいません!最新の治療法であるコンデンスリポ法をはじめるとする多様な治療法で、千差万別の個人のお悩みを解決します!


このページの先頭へ