目の下のたるみ、くま除去手術検索の【美ナビ】TOP > 特集 > 今話題のコンデンスリポ法とは

特集!今話題コンデンスリポ法とは

クリニック選びのコツでたるみ解消手術には主に2種類(①ヒアルロン酸注入、②脱脂法)あると説明しましたが、コンデンスリポ法というのは、脱脂法をよりなじみやすく、自然な仕上がりになるようにしたものを言います。

具体的に脱脂法に比べてどの辺が進化したのかご説明します。

脱脂法ではその名の通り、たるみの原因となっている脂肪を除去しただけとなります。

それだけでば目の下が凹んでいる方はきれいな仕上がりとはなりません。
そこで余分な脂肪は取り、とった脂肪を凹んでいる部分へ注入する方法があります。一般的に脱脂リポ法と呼ばれます。

ただ、とった脂肪を入れるだけでは、定着率が低い(ヒアルロン酸の注入と少し似ていますが、時間の経過と共に体に吸収されます。)ため、脂肪に血液中から取り出したW-PRPを混ぜて定着率を上げた方法があります。一般的に脱脂ダブルリポ法と呼ばれます。

そしてこの脱脂ダブルリポ法の定着率を更にあげるために開発されたのが、コンデンスリポ法となります。脱脂ダブルリポ法との違いは処理の違いにあります。コンデンス処理という処理を行い、濃縮脂肪を用いて脂肪注入するため、定着率が断然良くなりました。

このコンデンスリポ法の第一人者でもある水谷先生が院長を務める銀座みゆき通り美容外科に関する詳しい情報はこちら

  • お問い合わせはこちら
  • 口コミ・レビューの投稿はこちら
  • 美ナビに登録を希望される医療関係者はこちら

おすすめクリニック

銀座みゆき通り美容外科

目の下のクマ治療、症例数NO.1!銀座みゆき通り美容外科は目の下のクマ治療だけで、3000人を超える方のお悩みを解決!院長の水谷先生は、日本美容外科学会の歴代会長でもあり、その技術力は美容外科業界で知らない者はいません!最新の治療法であるコンデンスリポ法をはじめるとする多様な治療法で、千差万別の個人のお悩みを解決します!


このページの先頭へ